仕事でやりたいことをやっているのに、意欲や気力が湧かなくなってきたとき

仕事で情熱の種火を感じられなくなっちゃた……

 

何だか以前にくらべて
「やりたいことをやっているのに、意欲や気力が湧かないな」
「情熱が湧いてこない」

または
「つらい、楽しい、やめたい、イヤすごくやりたい!」というカオスな状態。

あなたはこんな経験ないですか?

わたしにはありますよー

やりがいや、やりたい気持ちがいっぱいでだったのに
「あれ?どうしちゃったんだろう」と思ったことが……

こんなとき無理につづけていると、気持ちはどんどん下がり
よい結果にならないことが多いですよね。

わたし自身がそんなとき、ハッとさせられたことがあったんです。

それは、「やりがい」と「働きがい」のちがいです。

やりがい=自分が楽しくて、自分だけで完結して、満足、達成感がる、興味
好奇心、成長、学び、気づきや発見があることで、やりがいは見つかる

働きがい=他者や環境の中で生まれる満足や心地よさ
自分の心や魂が望む、関係性や共同作業の中に生まれる
やりがいだけでは生まれず、自力だけでは満たしきれない

 

そして思うのだけれど、やりがいは
そのときどき変わっていくものじゃないかと。

なぜなら生きていれば、興味や趣味の対象が変わっていくし
好奇心の度合いによってやりがいは感じられるからです。

ただ、やりがいを重視し過ぎてしまうと、やりがいが変わってしまったとき
仕事が面白くなくなる可能性はありますね。(←わたし、こんな感覚でした)

逆に解釈やものごとの考え方を変えれば
どんなことに関してもやりがいを感じられるようにもなれます。

過去の体験で子どものPTA役員が「大変だなあ」と思っていたのですが
やりがいを見つけることができましたから。

そして、働きがいは生涯において大きく変わることない印象があります。

働きがいとは、あなたの働き方なのだと思います。

誰とどんな環境で、どのような時を過ごすのか
どのような時間の刻み方をするのか、雰囲気、空気感、距離感。

きがいも、やりがいもあるときって
関わる人たちとの距離感がちゃんとつくれていることも多いです。

 

また囚われていたものを捨てると
新しい可能性を得ることもできますね。

今までのテーマ、方法、やりがい(と思っているもの)を手放して
より広い視野や選択肢が発掘されると
あなたの中の種火が、再び輝きはじめます。

あなたにも【働きがい】改めてつくり直し
見直してみるのはどうでしょうか?

そのうえで
あなた自身のやりがいを【発掘】していくことを提案したいです。

自己対話すること、問いかけをすることで
あなたの深いところから種火に輝きを取り戻しましょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です